Active Learning
英語を学ぶ・コミュニケーションを学ぶ

image

中央外語学院では、歌や楽しい創作活動を通して、子どもたちが英語を楽しく学べる環境をつくります

最初のステップは、オックスフォード・ワールド・フォニックス・シリーズとオックスフォード・レッツ・ゴーシリーズで始まり、子供たちが音や言葉、基本的な表現を学び、日常会話のために英語を読み書きする方法を学びます。
中央外語学院は、レッスン中に3つの重要な学習スタイル(体感覚・聴覚・視覚)を織り交ぜながら導きます。 レッスン中、子供たちはゲームをしたり、ジャンプをしたり、ジェスチャーをしたり、触ったり、感じたり、嗅いだりして、物事に触れていきます。それらが五感による学習様式を活発化させるのを助けるのです。 この方法によって、子供たちは、音楽や物語を聴き、面白いと興味を持ち、多くの曲を歌うことができるようになります。

image
カラフルな本やフラッシュカードを活用した、視覚学習に取り組んでいます

この学習スタイルは、脳のさまざまな部分を使い、詳細を覚えることを助けます。

中央外語学院は、異なる国から来た教師を通じて、国際的な異文化の環境を提供します。
異なる国の教師による、異なる文化、異なる思考様式との交流は、グローバル化時代におけるコミュニケーションを助けるものと確信します。

Learning English should be about communicating to understand and be understood.

At Chuo-Gaigo, we create an environment where children enjoy learning English through using songs and fun creative activities.

image

The first step begins with the Oxford World Phonics series and the Oxford Let's Go series, where children learn sounds, words and basic expressions as well as learning how to read and use English for daily conversation.
During our lesson Chuo-Gaigo concentrates on mixing three important learning styles (kinesthetic, auditory and visual).
During the lesson, children are playing games, jumping, gesturing, and trying things out by touching, feeling and smelling. That helps them to activate the kinesthetic learning style. To activate the auditory style children are singing a lot of funny and easy songs, listening to music and stories. By using colorful books, flashcards and watching movies, our teachers are working with the visual learning style. Research shows us that each learning style uses different parts of the brain. By involving more of the brain during learning, we remember more of what we learn.

For our students Chuo-Gaigo creates an international environment, so students are exposed to different cultures through our teachers who are from different countries. What helps them to think outside the box is contact with different teachers from other cultures, who have different ways of thinking.

EEプログラム
当校独自・幼稚園正課専用